M MARKETING NEWS

Success
20171011

ビラを配ってたら役員会議へ呼ばれました

僕の先輩の経営者で、
世界的なビジネスオーナーで、
何十社も会社があって
若いうちに成功されている方が
いらっしゃいます。

彼のご家族が実業家一家で、
彼は幼少期の頃から、
1000人中一人の発想なんですね。

例えば、彼が大学生の時
東京に住んでいて、
コンタクトレンズの会社の
ビラ配りのバイトをしてました。

普通だったら、ビラ配りのバイトなので、

ビラを配っていくらとか、
時給いくらとか、
そこまでしか考えません。

普通、そうです。

とりあえずバイトをこなして
バイト料をもらうことが
1000人中999人の考えです。

しかし彼は
1000人中の一人の考えでしたので、

そもそもこのビラってなんで配るんだろ?
このビラの意味ってなんだろう?

と気になったので、
そのコンタクトレンズの支店の院長に
聞いたそうです。

そうしたら、
「ようわからん」との答え。

そこで彼は提案しました。

じゃあ、ビラ配りとして
こうしたらいいんじゃないか?

こうしたらもっと売上が
上がるんじゃないか? と。

そうしたら
ミーティングに呼ばれるようになって、
店舗会議があるから来てくれ
と言われたそうです。

それから彼は役員会議に呼ばれて
意見を言うようになったそうです。

けっこう大きなコンタクトレンズの会社ですよ。

ビラ配りのバイトだったのに、
いつも間にか、そんな風になったんです。

彼は幼少期から、発想や行動や、
選んでいる視点が1000人中の一人でした。

多くの人が常識と思って止まるところを
常識を疑うことができます。

だから、999人と同じことはことはせず、
1000人中一人の行動ができるんです。

いや、それは、子供の頃から実業家の親から
そんな風に教育されてきたんでしょ?

と思うでしょうが、
確かにそれもあるでしょう。

でも、だからと言って、
自分は普通のサラリーマンの親に
育てられたから999人の中にいるしかない、

と思う必要は全くありません。

今からでも十分、変えられます。

とにかく、みんながしていること、
常識を疑って、

なんでそうするんだろう?
もっといい方法はないのか?

と疑問を持つことです。

そうすることで、人とは違う発想が
できるようになっていきます。

そして実際に実行してみましょう。

小さなことから始めればいいんです。

そういう心構えが大切です。

原田正文

money
2017.10.23

お金の幻想

お金が大事だっていうのはわかるんですが、 僕たち、お金に振り回されすぎてません? お金のた…

Fire in the dark
2017.10.22

9割捨てると人生が変わる

昔、3千万円ほど 銀行から下ろしたことがあります。 直接行ってもないかもしれないから 前も…

Businessman hoarding money
2017.10.20

”成功”という名のドラッグ

お金についてもそうだけど、 ”幸せ”や”成功”についても、 世間のイメージに翻弄されている…

young man running and jogging at early morning on beach
2017.10.19

1年前あなたは何をしていましたか・・・

1年前あなたは何をしていましたか? 今と同じ仕事でしょうか? それとも1年後の今、 全く別…

School student generations steps, from preschooler to university concept
2017.10.17

人を選ぶ基準

人は人生の中で、 いろんなステージがあります。 貧乏な時もあれば、裕福な時もあるし、 人気…

Line of young people sitting by wall while waiting for their turn for interview
2017.10.16

みんなちがって、みんないい

現代は、世の中に価値観が多様化しています。 生き方の多様化、恋愛結婚の多様化、 笑いの多様…