M MARKETING NEWS

Success
20171011

ビラを配ってたら役員会議へ呼ばれました

僕の先輩の経営者で、
世界的なビジネスオーナーで、
何十社も会社があって
若いうちに成功されている方が
いらっしゃいます。

彼のご家族が実業家一家で、
彼は幼少期の頃から、
1000人中一人の発想なんですね。

例えば、彼が大学生の時
東京に住んでいて、
コンタクトレンズの会社の
ビラ配りのバイトをしてました。

普通だったら、ビラ配りのバイトなので、

ビラを配っていくらとか、
時給いくらとか、
そこまでしか考えません。

普通、そうです。

とりあえずバイトをこなして
バイト料をもらうことが
1000人中999人の考えです。

しかし彼は
1000人中の一人の考えでしたので、

そもそもこのビラってなんで配るんだろ?
このビラの意味ってなんだろう?

と気になったので、
そのコンタクトレンズの支店の院長に
聞いたそうです。

そうしたら、
「ようわからん」との答え。

そこで彼は提案しました。

じゃあ、ビラ配りとして
こうしたらいいんじゃないか?

こうしたらもっと売上が
上がるんじゃないか? と。

そうしたら
ミーティングに呼ばれるようになって、
店舗会議があるから来てくれ
と言われたそうです。

それから彼は役員会議に呼ばれて
意見を言うようになったそうです。

けっこう大きなコンタクトレンズの会社ですよ。

ビラ配りのバイトだったのに、
いつも間にか、そんな風になったんです。

彼は幼少期から、発想や行動や、
選んでいる視点が1000人中の一人でした。

多くの人が常識と思って止まるところを
常識を疑うことができます。

だから、999人と同じことはことはせず、
1000人中一人の行動ができるんです。

いや、それは、子供の頃から実業家の親から
そんな風に教育されてきたんでしょ?

と思うでしょうが、
確かにそれもあるでしょう。

でも、だからと言って、
自分は普通のサラリーマンの親に
育てられたから999人の中にいるしかない、

と思う必要は全くありません。

今からでも十分、変えられます。

とにかく、みんながしていること、
常識を疑って、

なんでそうするんだろう?
もっといい方法はないのか?

と疑問を持つことです。

そうすることで、人とは違う発想が
できるようになっていきます。

そして実際に実行してみましょう。

小さなことから始めればいいんです。

そういう心構えが大切です。

原田正文

job-0042-845
2017.12.15

アウトプット整理術

アウトプットしてますか? 学んだことはすぐ自分に落とし込んで どうやって使うか考えましょう…

Cheerful buddies enjoying beach party on hot day
2017.12.14

【ハクナマタタ】

自信なんてこれっぽっちもなかったし、 ボコられて凹み過ぎて自暴自棄に なったこともあった。…

dramatic cloudscape. Blue sky with ornamental clouds
2017.12.13

あきらめなければうまくいく

成功している人と、 うまくいかない人との違い、 色々あると思いますが、今日はその一つを。 …

Image of two young businessmen discussing new project in office
2017.12.12

当たり前でない当たり前

もしあなたが成功したいなら、 成功している人の当たり前の基準を あなたも身につけてください…

A woman made of smoke prays to God.
2017.12.11

モノマネ脳にお任せ!

私たちの脳には、ミラーニューロンと 言われる神経細胞があります。 簡単に言えば、モノマネ脳…

Silhouette of a woman during and adventage climbing and mountain walking
2017.12.10

ビリを走れば出世する

「イメージできないものは実現できない」 と言います。 イメージできるということは あなたの…